厚​岸​町​社​会​福​祉​協​議​会​(​法​人​本​部​)​
厚​岸​町​立​特​別​養​護​老​人​ホ​ー​ム​心​和​園​
qrcode.png
http://akkeshishakyo.or.jp/
モバイルサイトにアクセス!
社会福祉法人厚岸町社会福祉協議会
〒088-1115
北海道厚岸郡厚岸町梅香2丁目1番地 厚岸町社会福祉センター内
TEL.0153-52-7752
FAX.0153-52-6044
 

厚岸町ボランティアセンター

 

書式ダウンロード

書式ダウンロード
 
ボランティア登録様式
ボランティア登録用紙(個人) ( 2020-04-21 ・ 122KB )
 

生活支援サービスおたすけ隊について

生活支援サービスおたすけ隊について
 
生活支援サービス「おたすけ隊」協力会員の募集について
厚岸町社会福祉協議会では、生活する上でのちょっとした困りごとを支援する『生活支援サービスおたすけ隊』を来年4月より実施します。実施に当たり、サービスの手伝いを行っていただける『協力会員』を募集します。
4月までは、プレオープンとして実施予定です。
ちょっとした困りごとのお手伝いをしてくれる方、気になった方、気軽にご連絡ください。
 
〔おたすけ隊募集要件〕
【登録要件
◆おたすけ隊の目的に賛同し、町内在住で心身ともに健康で社会福祉に理解や熱意を持っているもの
【会員登録】
◆登録申請書を厚岸町社会福祉協議会に提出し登録する
【おたすけ隊のサービス内容〕
◆居室内の清掃、整理整頓、ゴミ出しやその分別
◆洗濯や洗濯物の整理、収納
◆電球・蛍光灯の交換及び修繕
◆依頼会員宅敷地内の軽微な作業(ちょっとした草むしりや花壇整備)
◆買い物(メモで買える程度)
◆話し相手や趣味の相手 など
【報酬の支払い〕
◆年度末(3月)にまとめて精算を行います。チケット3枚で町内共通商品券と交換します
【申込先】
◆厚岸町社会福祉協議会 総務地域課 ☎0153-52-7752
 
 ※詳しくはチラシをご覧になるか、お電話で気軽にご相談ください。
 
 
 
 
 
 

ボランティア情報

ボランティア情報
 
個人・団体でボランティアをする方へ「会員登録しませんか」
ボランティアセンターでは、地域でボランティア活動してみたい人や団体を募集しています。ボランティアセンターへ会員登録を行うことで、厚岸町社会福祉協議会の構成員として「ボランティア活動保険」に加入することができ、より良いボランティア活動を行うことができます。
詳しくは、ボランティアセンターまでお問い合わせください。0153-52-7752
 
レスキューキッチンシステムの貸し出しと職員の派遣協力を行っています
 地震や津波などの災害時、緊急対応ボランティアでの訓練機器として、緊急炊き出し機器「レスキューキッチンシステム」の貸し出しと職員の派遣協力を行っています。
 レスキューキッチンシステムの仕組みや調理方法を学び、いざという時に活用できるよう、災害に備えた平常時の活動として取り組んでみませんか。自治会や老人クラブでの集会、イベントと併せて行うことも可能ですので、相談ください。
 
□作業順序
 緊急炊き出し機器の説明 → 機器の操作(電源ON等) → 調理 → 機器の操作(電源OFF等) → 盛り付け
 
□調理例
 炊飯、カレー、豚汁(最大100名分まで可)
 ※ただし、材料等は用意してください。
 
 詳しくは、ボランティアセンターまで問い合わせください。☎0153-52-7752
 

ボランティアセンターとは

ボランティアセンターとは
 
 
 厚岸町ボランティアセンターは、住民の善意とボランティア活動の啓発・推進を図ることを目的として設立されました。
 当センターは、運営委員会を組織しボランティア活動の拠点としての機能充実を図り、ボランティア活動の啓発・促進やボランティア養成に努めています。
 
 
主な活動
○ボランティアのコーディネート
○ボランティア情報の収集・提供
○ボランティアに関する講座・研修会の実施
○福祉救援ボランティア活動の促進
○収集ボランティア
○ボランティア保険の受付
 
   
 厚岸町ボランティアセンター

 厚岸郡厚岸町梅香2-1
 TEL 0153-52-7752
 FAX 0153-52-6044
 

ボランティアって

ボランティアって
 
 ボランティアは、私たちが社会生活を営むうえで、「誰もが人間らしく豊かに暮らしていける」そんな地域社会を築いていくための大きな力になります。
 ボランティア活動は、誰でも自分の興味、関心や生活スタイルに合わせて参加できる活動ですが、こうした気軽さと合わせて、自分の考えで始めたこととしての責任を持つことが大切ですし、他人の考えを尊重し、お互いの違いを認め合うことも必要です。
 また、自分の行うボランティア活動が、社会の中でどのような役割を持ち、将来のまちづくりへどのように役立つのか意識することもよいかと思います。
 
 
主なボランティアの内容
技術提供
 
手話、点字、朗読、要約筆記、障がい者の入浴介助、傾聴、パソコン指導など
 
ふれあい活動
 
高齢者・障がい者の外出援助(ガイドヘルプ、運転)、社会参加活動、交流活動、児童の健全育成など
 
小地域福祉活動
 
地域社会づくり(友愛訪問、家事援助、話し相手、ふれあい生き生きサロン運営手伝いなど)
 
収集活動
 
古切手、ロータスクーポン、テレホンカードなど
 
施設支援
 
イベント手伝い、話し相手、おむつたたみ、洗濯のボランティアなど
 
その他
 
自然を守る活動、海外交流、平和活動、共同募金、歳末たすけあい募金
 
 
ボランティアの語源
 ボランティアとは、語源をたどると、ラテン語の「Voluntas(ボランタス:自由意思)」、フランス語の「Volunte(ボランティ:喜びの精神)」、英語では「Volunteer(ボランティア:志願兵)」、「自発性に裏付けされた奉仕者、篤志家」とされています。日本では、自分の意思で自発的に行う社会参加活動を指しています。
 
 
ボランティアの4原則
自発性
 
ボランティア活動とは、誰かから強制されるものではなく、自主的に行う活動です。
 
無償性
 
ボランティア活動は、金銭等の報酬を得ることが目的ではありません。
 
社会性・連帯性
 
共に支え合い、学びながら一人ひとりが力を合わせて活動することが必要です。
 
創造性・開拓性
  地域のニーズに対して、どういったサポートができるのかを考え、新たな援助の仕方を作ることも大切です。
 
 

収集ボランティア情報

収集ボランティア情報
 
当ボランティアセンターでは、次のような物品の収集を取り扱っています。
   
使用済み切手
  使用済み切手は、収集団体を通じて、地域福祉への資金や発展途上国の医療援助など様々な福祉活動に役立てられます。
収集した使用済み切手を切手収集家などに買い取ってもらい、その収益を各収集団体の目的に応じて活用しています。
収集した切手は、収集団体に直接送ってもかまいませんが、当ボランティアセンターなどを通じて送ると費用もかかりません。
対象外の切手は、郵便窓口で貼付されるメータースタンプや簡易郵便・官製ハガキに印刷されている切手です。
送るときには、切手のまわりから1cmほど離して切りとり、切手の目打ち(ギザギザの部分)は残すようにしてください。(切手をはがす必要はありません。)
   
未使用ハガキ・書き損じハガキ
  失敗したハガキは、郵便局で5円の手数料を支払えば、新しいハガキと交換することができます。
当ボランティアセンターなど回収している団体では、手数料を支払って新しいハガキと交換し活動に使用したり、賛同する企業の協力で現金化し活動に役立てられています。
<<社会福祉法人 厚岸町社会福祉協議会>> 〒088-1100 北海道厚岸郡厚岸町梅香2丁目1番地 厚岸町社会福祉センター内 TEL:0153-52-7752 FAX:0153-52-6044