本文へ移動

社会福祉協議会とは?

社会福祉協議会とは

 社会福祉協議会は、社会福祉法に基づきすべての都道府県・市町村に設置され、地域福祉を担う中核として様々な活動を行っている非営利の民間組織です。
 通称「社協」と呼ばれ、地域に暮らす皆さまをはじめ、民生委員児童委員、社会福祉関係者、関係機関の参加と協力のもと、地域の人々が住み慣れた街で安心して生活することのできる「ふくしのまちづくり」の実現を目指した活動を行っています。

法人の概要

名 称
社会福祉法人 厚岸町社会福祉協議会
所在地
北海道厚岸郡厚岸町梅香2丁目1番地 厚岸町社会福祉センター内
設 立
昭和26年7月
昭和53年12月(法人設立認可)
役 員
理事11名(会長1名、副会長2名、常務理事1名)監事2名
評議員
18名以上22名以内
会 員
一般会員 2774世帯
特別会員  299名
会 費
一般会費 500円(1世帯)
特別会費1,000円~5,000円
職 員
94名(令和3年4月1日現在)

厚岸町社協の概要

組織図

機構図

社協役員名簿

会員会費制度

 厚岸町社協では、「ともに支えあう福祉のまちづくり(地域福祉)」を推進するため、さまざまな地域福祉活動を展開しています。
そんな役割を担う公共団体である私たちの活動に、多くの住民や団体、法人などの皆さまが会員として参加・参画いただき、“地域の支えあい”実現に向け共に歩んでいくことが目的です。
活動に必要な財源は、公的な補助金・委託金とともに、会費や共同募金配分金など、住民の皆さんのご協力に支えられています。

住民会費制

 厚岸町社協では、住民のみなさんが「社協の構成員」という意味合いから、住民の一人ひとりが社協会員という「住民会費制」をとっています。できるだけ多くの住民に会員になってもらい、自らの活動として理解してもらうことによって、社協活動の自主性・主体性を強化し、住民参加型の「福祉のまちづくり」を推進しています。
 「住民会費制」は多くの市町村社協でとりいれられていますが、その理由は、社協という団体が、住民自らの手で地域福祉を推進していく団体として設立された歴史的背景からきています。

会費の種類

 厚岸町社協の会費の種類は次のとおりです。
種類
会費(年額)
一般会員
1世帯
500円
自治会単位で取りまとめ
特別会員
1号会員
5,000円
個人、企業、団体などから
2号会員
3,000円
3号会員
2,000円
4号会員
1,000円
TOPへ戻る