本文へ移動

フロア紹介

第1フロア紹介

入居者の皆さまへの個別的なサービスを目指して

遠藤介護主任(右)と成田リーダー(左)
遠藤介護主任:心和園第1フロアには正職員9名、契約職員4名の計15名が所属し、34名の入居者の皆様の生活のお手伝いをさせていただいています。第1フロアの職員は10代や20代の若手職員も4名います。さらに介護技術の向上を図れるようサポートしていきたいと思っています。

遠藤介護主任:第1フロアが特に意識的に取り組んでいることは、従来型多床室でありながらも、入居者おひとりおひとりの個別の対応をすることです。そのための体制作りとして、第1フロアの中でも西側・東側にそれぞれ1名ずつの職員を固定配置し、入居者の介護にあたる職員が1日の中で統一されるように今年度より取り組んでいます。

成田リーダー:度々介護にあたる職員が代わることは入居者の皆様に混乱を招いてしまうことになります。それを防ぐことにもなりますね。また入居者の皆様に安心感を抱いていただくことに繋がっていますね。

遠藤介護主任:現在はコロナ禍であり、自由な外出や、レク活動でも多くの他者を介するものは制限させていただいています。そんな中ではありますが、演歌や時代劇のDVDを活用したり、楽しみながらADLを維持していただくため体操レクも活用しています。今後も入居者様個人の好みや趣味などを取り入れながら、日々の楽しみを少しでも増やしていけるように取り組んでいきたいと思います。


第2フロア紹介

楽しく過ごす時間を大切に

 心和園第2フロアは、従来型多床室5部屋の入居者様16名と、ショートステイ利用者様の20名が生活されています。職員は介護主任が1名、リーダーが1名、介護職員10名の計12名の職員が皆さんのお世話をさせていただいています。第2フロアでは、特に個々の趣味や楽しみをレクリエーションや余暇活動に取り入れ、皆さんが楽しく過ごせる環境つくりを心がけています。
 元気で話が好きな利用者様も多いので、明るくにぎやかな雰囲気です。介護予防体操や、運動レクリエーションも意識的に取り入れて体力の維持に繋がるよう心がけています。毎日笑顔が絶えない第2フロアです。

ユニットフロア紹介

毎日を笑顔で過ごしていただく介護を目指して

 ユニットフロアは北東、南棟の2つのフロアに分かれており、全入居者様は18名です。お部屋は全室個室となっており、おひとりおひとりに合った居室環境を目指しています。
 毎日の生活は、皆さん個々に違います。リビングにてテレビや新聞をみるのが好きな方、お部屋で過ごすのが好きな方、洗濯物たたみや、編み物、ウエスつくりなど職員のお手伝いをするのが好きな方など様々です。
 現在は、新型コロナウイルス対策のため、外出や買い物などに気軽に出かける機会が少なく、また、家族様とも気軽にお部屋で面会することも難しい状況です。そんな中、密にならないように配慮しながら、おやつレクリエーションや体操、ユニット内での歩行運動などを行っています。
 入居者の皆様にこれからも笑顔で毎日を過ごして頂けるよう、職員一同今後も取り組んでいきます。
TOPへ戻る